クレカを持つなら1枚より2枚?

クレジットカードは様々な商品やサービスを決済することができますが、カード一枚一枚にそれぞれ特徴や独自のサービスがありますので、必ずしも一枚だけですべてのニーズに応えらえるといったことはありません。 そのため、クレジットカードは一枚よりも二枚以上持っておいた方がかえって得することが多くなりますので、賢い人になるとクレジットカードを上手に使い分けています。

クレジットカードのオススメの使い分けといえば、普段のショッピングや外食用と、通信費や光熱費の支払い用に分けるといったパターンがあります。 このような使い分けをするメリットは、限度額を上手に管理でき、さらに少しでも多く節約できることです。

まず、限度額の管理とはどういうことかというと、クレジットカードはどれほど高額の商品でも購入できるというわけではなく、利用額の上限が設定されているということです。 この限度額の範囲内でのみカード決済が可能で、この限度額の上限に達するとクレジットカードで商品やサービスを購入ができなくなります。
クレジットカードの便利なところはお金がなくても購入できるところです。そのため、気づかぬうちに使いすぎていて、限度額が一杯ということもあります。 普段から買い物や外食などでしかクレジットカードを使用しない人であれば、たとえ限度額一杯になってもちょっと浪費を我慢して、節約するだけで大丈夫なのですが、光熱費や通信費などをクレジットカードで払っている人の場合、これは切実な問題になります。

というのも、クレジットカードの額が限度額一杯になっていると、カード決済日に通信費と光熱費が支払われず、滞納といった事態に陥ってしまうからです。 滞納していることにいち早く気づき、現金払いか振込をしておけばこの問題は難なく解決することができるのですが、滞納していることに気づかず放置をしておくとやがて携帯電話やインターネット、電気、ガス、水道などライフラインを停められてしまう恐れがあります。 クレジットカードの延滞を続けると、その情報は信用情報センターに登録され、事故情報として5年間残ってしまいます。 信用情報センターには、主に銀行が加盟している「全国個人信用情報センター(PCIC)」、クレジットカード発行会社などの信販会社や消費者金融などが加盟する「日本信用情報機構(JICC)」「シー・アイ・シー(CIC)」があります。

このような事態を避けるためにも、通信費や光熱費の支払いと、普段のショッピングとでクレジットカードは使い分けた方が無難になります。上手く使い分けている人の中にはカードのショッピング枠を現金化するためだけのクレジットカードを持っている人もいます。使い方によっては有効に活用できることもありますが、間違えるとカードライフそのものに悪影響を及ぼしかねませんので利用する際にはショッピング枠現金化で失敗したくない人のための口コミサイトに目を通しておくことをお勧めします。

クレジットカードを二枚以上持つメリットは限度額を上手に管理するためといったメリットの他に、高い節約効果もあるからです。 例えば、通信会社と提携しているクレジットカードで携帯電話やインターネット料金を支払うと、普通のクレジットカード以上にポイントを多く還元してもらえるといったメリットがあるので、口座払いや現金払いの人よりも節約することができます。 さらに、電気代や水道代、インターネット代や携帯代などの請求書がバラバラでやってくるとなにかと管理が大変になりますが、クレジットカード決済であれば請求書が一本にまとまって見やすくなりますので、手続き上においても使い分けるメリットは高いのです。それはショッピングや外食でも同様で、加盟店舗で買い物をするとポイント還元率が上がったり、特別割引をしてもらえたりとメリットが多いので、固定費と変動費を分けて、それぞれ別のクレジットカードで払うと家計の負担は軽くなります。