買い物だけじゃない!得する利用法

週末の買い物であれば、どこよりも品揃えが豊富で、ランチからディナーまで過ごせるレストランが多く軒を連ねているデパートや百貨店はオススメのスポットです。 普段の買い物にも最適なデパートや百貨店で買い物をする人は多く、何か欲しいモノがあればとりあえず百貨店に立ち寄るという人もいるほどです。 そのような普段から百貨店やデパートを利用する機会の多い人はデパートや百貨店が発行するクレジットカードがオススメになります。

百貨店系のクレジットカードには、ただキャッシュレスな決済ができるといったメリットに加えて、百貨店での利用をより満足度の高いものにしてくれる様々なサービスがあります。 百貨店系のクレジットカードのデメリットといえばその年会費の高さですが、百貨店系のクレジットカードならではのメリットのおかげで年会費以上の利益をカード保有者は受け取ることができます。

例えば、百貨店で買い物をするにあたり駐車場を利用する人は多いのですが、百貨店系のクレジットカードを保有しておけば今まで有料であった駐車場代が無料になるといった特典がありますので、一年間の駐車場代が既に何千円から何万円もかかっているのであれば、年会費を払ってクレジットカードを作った方がよほど節約になります。 仮に駐車場代が1時間600円とした場合、2時間で1200円の出費になります。これを週一回のペースで繰り返すと、4週間で4800円、1年間で57600円の出費になります。 57600円がわずか数千円の年会費を払うだけで無料になることを考えるのであれば、デパート系のクレジットカードを作るメリットは非常に大きなものになります。

百貨店系のクレジットカードのサービスは非常に魅力的なのですが、なによりも消費者を魅了する点といえばその入会時の特典になります。 百貨店系のクレジットカードの中には、ただ申し込みをし、カードを保有するだけで何千円分ものポイントを還元してくれる、入会者特典を実施しているところもあります。このポイントは現金として百貨店で使用することができますので、ただで現金をもらっているのとほとんど同じ意味になります。 通常、クレジットカードで決済をすると、翌月以降から一括、もしくは分割して購入額を返済することになるのですが、このようなポイントは返済不要なものですので、節約をするどころかむしろ収入になります。 ちなみに、多くの百貨店系のクレジットカードがこれらのポイントに期限を設けず、永久不滅としていますので、特にクレジットカードを利用する予定はないという人であってもキャンペーンを受け取っておいて損はないです。今すぐポイントを使用せずとも、セールやキャンペーンなど買い時にあわせて使用することができます。

百貨店系のクレジットカードにはこれ以外にも、デパート内での全商品をカード保有者を対象に割引価格で販売したり、7パーセント以上といったポイント高還元のサービスも実施しているので、普段からよくデパートや百貨店を利用しているのであればカードを作っておいて損はなく、多くのメリットを受けられます。